本文へスキップ


info@kentakamiyama.com

独自の制作スタイルStyle

 聴景デザインをするにあたって、以下のような独自の制作スタイルで音空間を提供しています。

オープンまでに完パケをしない

 空間は人々が利用することで初めて価値を見出します。 人々が心地良く利用してもらうためには、オープン後の環境を実際に体感しながら、あらゆる環境を考慮し、丁寧に音空間を仕上げていく必要があります。 音以上に場を読み取る力がこの作業の重要なポイントになります。

 オープン前の環境は実際の利用状況とかけ離れているため、音空間をデザインしたとしてもそれはただ音で空間を満たしたにすぎず、本当の意味で空間を心地良くすることはできません。 実際にオープンしてその空間を利用することで、初めてその音空間が良い環境なのか否かの判断ができるのです。

 よって、弊社ではオープン前からオープン後2ヶ月の約4ヶ月程度を制作期間とし、クライアント様と上質な音空間と作り上げています。